Face Anti-Aging

Eラインを手に入れる

自分に合った手術を選択しよう

日本人は、比較的あごが小さい方が多いと言われています。 あごが小さく引っ込んでいると、輪郭が崩れてしまい、横顔が美しくありません。 美容業界では、Eラインのある輪郭が理想とされています。 Eラインとは鼻先と口先、そしてあごの先端が一直線で繋がるラインの事を言うようです。 あごが引っ込んでいると、このEラインにはならず横顔が美しく見えません。 Eラインでなければ、横顔が美しくないだけでなく、口元がだらしなく見えたり、フェイスラインがぼやけ、たるんで見える事もあるので、気になる方も多いでしょう。 美容整形では手術で、Eラインを作る事が可能です。 手術にはあご部分に人工シリコンを入れる、プロテーゼ法と、ヒアルロン酸を注入する、ヒアルロン酸注入法が一般的に行われています。 プロテーゼ法は半永久的に効果は持続しますが、メスを使う手術が必要になる為、体への負担は大きいでしょう。 一方、ヒアルロン酸注入法は注射で、ヒアルロン酸を注入するのみの美容整形ですが、効果は1年程度です。 このように、美容整形の種類により効果や、費用も変わるので自分に合った、手術を選択しましょう。

クリニック選びが重要

あごが短い、また小さく横顔に自信が無いという方は、多いのではないでしょうか。このような輪郭のコンプレックスは、マッサージやメイクなど、個人で行えるケアで改善する事は出来ません。 ですので、悩む方も多いようです。 自分で変えられない輪郭のコンプレックスは、美容整形で解消しましょう。 あごが小さく、横顔が整っていないという場合、プロテーゼ法やヒアルロン酸注入法といった美容整形で、形を変える事ができます。 多くのクリニックでは、あごの美容整形を行っているので、まずは相談してみましょう。ただ、どこのクリニックで施術を受けても、一緒という事はありません。 安心して施術を受けるには、クリニック選びが重要となってきます。 まず、カウンセリングを丁寧に行うか、そして美容整形の良い面だけでなく、リスクもしっかり伝えるかどうか、という点をチェックする事が大切です。 説明に時間をかけ、リスクもきちんと伝えるクリニックであれば、信頼できるでしょう。